『No!』を『Yes!』に変える、オファーの裏ワザ!その1 | アフィリエイトで0から1へ!高学歴ニートの逆襲!!

京大博士からニートへ……そして、アフィリエイトで人生逆転!

『No!』を『Yes!』に変える、オファーの裏ワザ!その1

ビジネスでも、日常生活でも、
頼みごと(オファー)に対して

『Yes』

の回答を得られることが成功の条件です。

今日はそんな

『Yesをもらう裏ワザ』

の、7つの切り口のうち2つをお伝えします。


 

前回の記事で、

『Yesを引きだす3ステップ』

を、ご紹介しました。

それは、

1.伝えたいことを思い浮かべるが、すぐには言わない
2.伝えたい相手の頭の中を想像する
3.伝え方を相手のメリットとなる要求に変える

という3ステップでした。

これをもっと具体的に考えてみましょう。

『相手のメリットになる事』

には、どのようなものがあるでしょうか?

一番簡単なのが、

『相手の好きな事』

です。

前回ご紹介したように、
映画が好きな相手をデートに誘いたい場合、

『デートして下さい』

と、直接的に伝えるのはある意味バクチですが、
相手の好きな事である映画について調べて、
面白い映画に誘えば、それは相手にとっても
メリットのあるオファーになります。

つまり、

『デートして下さい』

と言う代わりに、

『ものすごく面白い映画があるんだけど観に行かない?』

と言った方が、相手の承諾を得やすくなるのです。

一緒に映画に行くのは立派なデートですよね?

このように伝え方を変えるだけで、
オファーの成功率が全く変わってくるのです。

それでは、

『相手の好きな事』

以外で、相手のメリットとなるオファーには
どのようなものがあるでしょうか?

それは、

『好きなことの裏返し』

すなわち、

『嫌な事を回避する』

というものです。

これも具体的な例で考えてみましょう。

例えば、キャンプ場をキレイに使て欲しいとします。

このとき、

『キレイに使ってください!』

と、直接的に言うよりも効果的な伝え方があります。

キャンプ場を借りる人にとって嫌な事を考えるのです。

キャンプ場を借りるにはお金がかかります。
その料金が増えるとしたら?・・・嫌ですよね?

だから、こう言えば良いのです。

『キャンプ場を汚された場合、清掃料金を頂きます』

と。

清掃料金として追加で料金を取られるのは
利用者にとって嫌ですよね?

だから、その嫌な事を逆手にとって
キレイに使ってもらうという目的を達成するのです。

こういう言葉の使い方って面白くないですか?

他にも色々な切り口がありますので、
明日以降の記事でご紹介します!

最新情報やもっと詳しい情報をチェックしたい方は
メール講座に登録お願いしますm(_ _)m
社会不適合者のためのメール講座登録ページ


人気ブログランキングへ

おきてがみを使うとブログ訪問者を増やすことができます。使ってみたい方は青いバナーをクリックして下さい。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » アフィリエイトで0から1へ!高学歴ニートの逆襲!!

この記事へのコメント

ブログパーツ

アフィリエイトで0から1へ!高学歴ニートの逆襲!! TOP » あなたの未来を安泰なものにする方法, コピーライティング, ライティング, 伝達ライティング, 成約率を上げる方法 » 『No!』を『Yes!』に変える、オファーの裏ワザ!その1

ブログパーツ