気持の伝わる文章術~SNSにおける『伝わる』ライティングのコツ~ | アフィリエイトで0から1へ!高学歴ニートの逆襲!!

京大博士からニートへ……そして、アフィリエイトで人生逆転!

気持の伝わる文章術~SNSにおける『伝わる』ライティングのコツ~

今日はソーシャルメディアにおけるライティングのうち、

『伝達ライティング=わかりやすく伝えて読んでもらう』

について、考えていきたいと思います。


 

ソーシャルメディア(SNS)でせっかく色々発言して
交流を図っていても、あなたが言いたいことが
伝わらなければ意味がありません。

ですので、あなたの言いたいことが伝わる

『伝わるライティング技術』

といったものが必要になってきます。

一口に伝わるライティングといっても、
その姿は媒体によって変わってきます。

今回考えるのはあくまでもSNSにおける
伝わるライティング技術です。

まず、どのような媒体であれ、
あなたの文章を伝えるためには3つのnotを
超える必要があります。

一つ目がnot open、開かない。

二つ目が、not read、読まない。

三つ目が、not believe、信じない。

です。

この3つの壁を超えない限り、あなたが伝えたい事が
伝わることはありません。

それでは、それぞれの壁を超える方法を
一つずつ考えていきましょう。

まず一つ目、not open の壁です。

この壁を超える方法はとにかく

『タイトル』もしくは
『冒頭』です。

1秒で

「読みたい!」

と思わせなければ、せっかく書いた文章も
スルーされてしまいます。

毎回奇をてらったタイトルや書き出しをするのは
ウザいので、やりすぎは良くないです。

が、

どんどん流れていく投稿の中から読んでもらうためには
最初の一秒で読み手のハートをキャッチする必要があります。

次にnot read の壁を越えて読んでもらうためには
どうすれば良いでしょうか?

文章を読んでもらうためには、読者の

『感情を動かす』

必要があります。

そのために効果的なのが、

1.ストーリー
2.たとえ話
3.体験談
4.喜怒哀楽
5.擬音語

です。

ストーリーになっていれば、
多少長い文章でも読みやすいですし、
たとえ話をすれば内容の理解の助けになります。

また、体験談というのも興味を持たれやすいですし、
喜怒哀楽を表現すれば、共感して読んでもらえる
確率が上がります。

そして、共感を得られればnot believe の壁も
超えることができます。

また、意外と盲点なのが

『擬音語を使う』

という方法です。

関西人や長嶋茂雄のような天才肌の人は
擬音語を多用しますが、論理で語るよりも
直感的にイメージが伝わります。

以上、これらの5つの要素を意識して
投稿するようにしてみましょう。

また、内容によって長文と短文を使い分ける必要もあります。

特にモバイルユーザーの多い朝、昼は
短文が好ましいです。

ツイッターなんかの場合には
140文字をいっぱいに使うよりも
三行で終わるつぶやきが好ましいでしょう。

あと、SNSでは短い文章でのやり取りや
スキマ時間でさらっと眺めることが多いので、

『結論を最初に書く』

というのもポイントです。

以上、色々書いてきましたが、
一番重要なのは冒頭、タイトルです。

最初に結論を書いて、簡潔な文章を書くのが
SNSであなたの伝えたいことを伝えるための
ポイントです。

最新情報やもっと詳しい情報をチェックしたい方は
メール講座に登録お願いしますm(_ _)m
社会不適合者のためのメール講座登録ページ


人気ブログランキングへ

おきてがみを使うとブログ訪問者を増やすことができます。使ってみたい方は青いバナーをクリックして下さい。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » アフィリエイトで0から1へ!高学歴ニートの逆襲!!

この記事へのコメント

ブログパーツ

アフィリエイトで0から1へ!高学歴ニートの逆襲!! TOP » SNS, ライティング, 伝達ライティング » 気持の伝わる文章術~SNSにおける『伝わる』ライティングのコツ~

ブログパーツ